忍者ブログ

貢献者

人々はよく「急いでのんびり、憎悪

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一個女孩子的愛情感悟


看完這個故事,說不清楚是一種怎樣的感覺。只覺得一陣歎息自心底湧上。人這一生,到底在追求什麼,到底什麼才是最好的。真的要等到一切都已經歸於平凡,才會想起,才會接受這最單純的幸福嗎?下麵,一起來看看一個女孩從5歲到30歲會有怎樣的愛情感悟吧!

一個女孩子的愛情感悟5歲時,我喜歡一個叫仔仔的男生,他有兩顆虎牙不算,當他手裏有兩個紅橘的時候,他會把那個大的給我吃。

現在我再遇到他時,他手邊有一個五歲的女孩,正在叫他爸爸……

13歲,我暗戀隔壁班一個叫阿昆的男生,阿昆長得像三浦友和哥哥,為了見到他我每天繞道去廁所,一直堅持了兩年。

15年後我們再次相遇,他胖得像豬而且也已經成了爹,他看著我就像看白天鵝,我終於知道自己當初有多醜了。

16歲,我覺得自己真的在愛一個人了,我喜歡上了我們的生物老師,他瘦瘦的白白的,身上總有莫名的香味,他經過我的身邊時,我總是貪婪地嗅著他白襯衣上的味道。

他提問我,我緊張地張口結舌,還總是特別深情地看他,他說:考不上大學你就傻眼了,結果考上大學我也傻眼了,他結婚了,我失戀了。

19歲,我正兒八經開始人生的初戀,大一時有個男生每天為我占圖書館座位,還給我買小籠包吃。另外,情人節還送我打折玫瑰康泰旅行團,我白衣飄飄地坐他的單車前上演著花樣年華。

結果呢,大學畢業我們各奔東西,大學的戀情往往是“黃梁一夢”,能夠“水到渠成”的不多,想了想,最是難忘他晚自習送來的小籠包。

23歲,我變得聰明而多情起來,想找個“四有新人”,就是有型有款有車有房,或則乾脆說就是李澤楷那樣的,但那樣的人不是給我準備的,於是我降低要求想嫁個“小有錢人”。

後來看了太多有錢人花心的故事,我又被迫降低標準。沒有錢,個子高長得帥也行,至少養眼。這樣的男人交往了幾個,結果長得比我難看的被我甩了,比我長得好看的甩了我,男人女人均是“好色之徒”。

25歲,我終於踏下心來想找個知冷知熱的男人過日子,畢竟凡人多是“柴米夫妻”,但這也難。我遇到一個好象和錢有仇的男人,他總怕一夜之前人民幣貶值似的,迫不及待地把錢花出去,這樣的人我能嫁嗎康泰導遊?當然不能。

遇到的第二位男人,小氣到讓我側目,我猜他們祖上沒准全是會計,他不打折的東西不買,牙膏用完了要死擠,擠完了還要用剪刀剪開,天啊!我怕嫁給他一條內褲也要穿十年,所以,還是快閃。

27歲,我理想的男友條件一直在降低著標準,卻仍“獨守空閨”。我媽說我這人太挑剔,我說我這是追求完美,那和挑剔是兩回事。

30歲,我的嫁人條件簡單到和5歲時一樣。我希望有一個像仔仔的男生,如果手裏有兩只紅橘,他會把那個大的給我吃,如果我愛吃,他就全都給我,如果我嫌剝皮費事,他就替我剝,如果我嫌吃費事,他就把它們榨成果汁。這種男人具備一顆“平凡愛人”的心,這就足夠了,若得此君,夫複何求!

人生就是這樣,走了那麼多路,只是在原地劃了個圈,能夠和你相守一生的人並不一定是和你有著轟轟烈烈的愛情,只有那種平平淡淡的愛才是最真,也是最長久的……

編後語:畢竟,我們早晚要學會堅強!雖然我們不能回到過去重新開始,但可以從現在開始創作一個新的結局!所以從現在開始拋棄一切有礙我們進步的事情牛欄牌問題奶粉,努力打造一個全新的自己!
PR

童年,抹不掉的快樂記憶


暑假伊始,趁兒子的興趣班還沒有開課,回了一趟娘家。一下車,迎面吹來的涼爽的風令人倍感舒適,青山,綠水,藍天,白雲,故鄉的山山水水沒有多大變化。

每次回家,看到熟悉的小河,看到熟悉的山,都會想起童年那一幕幕難忘的時光。清清的小河和青青的山留下了我和哥哥姐姐們的多少歡聲與笑語,飄散了多少童年的embroidery factory天真與快樂……

記得小時候,夏天的小河是我們孩子們的樂園。炎熱的天氣,我們三個一群,五個一夥,來到河邊洗著小腳丫,任清涼的河水從我們的腳下淙淙地流淌。有時還能從河裏抓到幾只螃蟹,或者撈上幾只小蝦。童年的生活雖然物質條件不佳,但是卻快樂無比。

每當春天來了,山上的山茶開花了,清明前後,茶樹就掛滿了一個個白白胖胖的茶泡。放學後,我們就三個一群,五個一夥,上山摘茶泡。那時的物質條件有限,我們這些小孩子的零食無非就是山上的野果。摘茶泡就成了我們的一大樂事。如果上山看到了一個大個的茶泡,而且外面的那層皮已脫掉了,我們往往會喜出望外,甚至會為了誰先看到爭得面紅耳赤,因為那種茶泡是比較好吃的,沒有了那種澀澀的味道,略帶著一絲絲甜味。如果摘得多的話,我們就會用細長的竹篾串成一圈圈,掛在屋簷下,讓茶泡自然風幹後,吃茶泡幹。小夥伴之間,還會常常比誰串的茶泡多,誰晾曬的茶泡幹多呢。當初一起摘茶泡的小夥伴都已成家立業,當初的茶樹卻依舊每年結著大大小小的茶泡。只是山上再也看不到摘茶泡的身影,如今的wset課程茶泡不再受到人們的青睞。

除了摘茶泡讓我記憶猶新,還有就是夏天在小河鬧魚也讓我覺得有趣極了。記得上小學後,每年夏天,哥哥就會在逢圩的時候,等賣魚藥的人收攤後,去撿他們收拾時不慎掉落的魚藥。日積月攢,等收集到一定的魚藥的時候。就再拿家裏的一兩塊榨完油的茶籽渣。然後小心翼翼地把這些魚藥和茶籽渣用石頭搗碎,擠出汁。鬧魚的材料准備好後,我們就帶上桶子、魚網去小河裏鬧魚。很多時候,去的時候興沖沖的,但是往往沒有毒死幾條小魚。因為那點藥效是不夠的,魚喝了根本沒啥反應。盡管每次的收獲甚微,但是絲毫不會影響我們充滿活力的童心。

而如今,回到熟悉的小屋,早已物是人非了。空氣中依舊飄蕩著青草特有的清新香味和著泥土樸實的味道,卻不再飄蕩著熟悉的聲音,因為當初一起玩耍的小夥伴,都各奔東西了。有些兒時的夥伴,也許今生不會再見了。想到這,不免心中湧起一股淡淡的傷感。

雖然童年的時光只能在過往的歲月中有些依稀的影子,但童年是成長歲月中抹不掉的快樂記憶。每次回想起來,總會情不自禁的舒心展懷。

我們都已經長大,每個人都把自己融入到了現實社會的洪流中,在奮鬥,在打拼。不知兒時的小夥伴回來看到這景,是否與我一樣觸景生情?是否還記得我們在一起度過的Asian college of knowledge management那些快樂時光?

流年歲月,能改變兒時玩伴的容貌。卻不能淡忘和他們在一起度過的點點滴滴快樂時光。一起上山摘茶泡,一起下河摸魚,一切都那麼值得我們用一生去回味--那份天真爛漫,那無憂無慮的童年!

人生は1度の仮装舞踏会


人と人の間の差もないほど勝数が、はっきり見た一人で実際にはどうなの、きっと多くの人が、驚き冷め不気味な令。ああ、いくつかの道徳の悪魔が、だけでなく、彼らの側近の構築を一つ一つ護恥を壁深い塁、さらに高く上げて一つ一つに幕を隠し彼らの虚偽、詐欺、偽善、佞せん妄、愚かとトリック、本当に悪い欲が渦巻き、社会の気風が日に日に悪くなる!世の誠実は本当に小さい、甚だしきに至っては至る所すべてを目にすることができる、すべての道徳の虚偽ごまかしの背後に、すなわち、ひそかにの中で最も秘密の暗い所で、よく邪悪が横行し、仁王立ち!まさにこのため、それだけのいい人は4つ足の友達のため、あなたを予想できないなら、ただ、犬たちのthe led light最も誠実な顔がやっとあなたを生まないいかなる猜疑心、あなたがどのように人から禁絶にくいの偽り、嘘や邪悪でなんらの依存?

私達のいわゆる文明世界は何嘗は大きな仮面舞踏会ですか?あなたはどこにも出会う騎士、神父、兵士、弁護士、牧師、博識の人や哲学者たちが、私は全然知らない彼らはどんなもの!彼らはこれまでは彼らが自称の一種、彼らは仮面役だけ、仮面の裏には、あなただけを発見副がめつい商人顔つき。私は、一人で選択をかぶって法律の仮面、それで変装した弁護士、その真の目的だけのためにもう一人の人に容赦なく叩きに記竹杠;同様の目的のために、第二の個人の選択した愛国主義の仮面を国民福祉の看板であちこち人の名を借りて騙すで第三人は敬虔な学説をつけた宗教信仰者の仮面。さまざまな目的のために、ある人はよく英知をつけて、甚だしきに至っては博愛の仮面、それ以外に、私は知らない、何かほかに惹かれたこれらの人より仮面。このような女の人はいつも同じ小さな嗜好として、一種の通例、人々はいつも心を込めて自分を装う高尚、素樸で、愛家と丁寧な様子。そうすると、殘りのいくつかのありふれた顔、彼らは無個性、まるでひと山の一押しのドミノとともに倒れ。これらの人の至る所に、いわゆる正直、礼儀、富んでいる同情心、の親密な友情では、ただ彼らのこれによって照れ隠しの仮面。私としては、これらすべての仮面は純粋種としてのが通例を隠すため、工業、商業や投機業の本当の目的。この方面で、ただただ単純な商人が構成して最も誠実な階層、彼らは何人はおとなしく、自分は何人。彼らは仕事の時がないいかなる仮面をかぶって、結果として、人々は彼らは卑しい層。

非常に必要なのは、一人も早くに通知される生活の真の意味を、つまり、人生は1度の仮装舞踏会、それを通して、自分を発見できる人材。そうしないと、生活の中の様々な出来事は、あなたにはそれが理解できない、またどうしても我慢それら、甚だしきに至ってはあなたはそれらに対して完全に困惑する。誠陽文ノルを連れて行っが言うには、巨人の心臓はただ用の少し良い粘土で作った。このような卑怯でからに教訓を得ることができように、その真の意味を無視して、最もめったに、最も偉大な天才でも、その鶏鳴狗盗の仲間たちを翻弄股掌之上。敵視真理と偉大な力は、学者たちが自分の専門分野の何も知らないか、など。このことは事実で、本物は冷遇され、見かけ倒し、見掛け倒しの偽物はいつも大人気。そこには、あれらの無知の靑年人、知って、この人生の仮装舞踏会の上で、赤い桃の花のリンゴは蝋製で、みずみずしい花は絹織物の、ぴんぴんしている魚は紙で、すべてのものには、すべてのもの——ただかわいそうな人形とつまらない些細な事。殘り二人だけ、そうは誠実に身をささげる事業、一人は売り込み偽物、もう一人は彼に偽札を支払う。

私たちの本性の中漫節度の利己主義にとって、すべての人の胸には多かれ少なかれいつも実施していくつかの敵視、怒り、嫉妬、怨仇、悪意の要素で、それらの積み重ねに毒蛇歯に毒を噴射、時の機会は、いったんチャンスが来ると像を縄の悪魔のようだまっ暗になった、雷。もし一人欠けて大きなチャンスはこれらのものを排水してくる、彼はきっと自分の想像力を借り、最終的には、これらのきわめて微小の癌で、幻想の膨張をありました怪物。だって、どんなチャンスはどんなに小さなそれほど、彼の心の中の身を呼び覚ます。ここから、彼がその所を尽くし、勝手にこの身に排水してくる。私達が日常生活の中で見るように、すなわち、ご存じのような爆発はよく「きっかけとして自分の胸の排水怨み」の名の下に行った。日常生活の中でその他に1種の状況を観察できる、すなわちもしこのlace and embroidery排水に立ち往生は毛頭ないなら、排水の主体の今後の日の中で感じていました。さらにアリストテレスも語っていたという名言:「身にはある種の快感。」アリストテレスはホメロスの一節を引用した、つまりホメロスの主張は、よりも甘い蜜を身に。このことから、いらいらするだけではなく、憎しみも、憎しみを支えるために怒り、これのように、重い病気の慢性病、思う存分に溺れ、一種の巨大な欢悦中:

今、憎しみは更に1種の綿は絶対に喜びの気持ち、

人々はよく「急いでのんびり、憎悪。

戈比マユリはその作品『論』で「人間をひときわ人称凶悪な動物」。人々はこれに対して不安を感じて、彼らが自分の急所を直撃した。しかし、戈比マユリは間違いなく、正しい人確かにただ1種の動物は、それだけ他人に苦痛をもたらすだけを製造し、痛みの製造に苦しみ、根本的には他の目的。他の動物はありませんために腹がない限り、自分のお腹の中には争いや殺し合い、さもなくばないようにして。人々がかもしれない」と反論し、虎の動物を殺すよりそれを食べたが、それをかみ殺しその捕獲物は口腹の欲を満たすために、もしこれが食べられないその捕獲物なら、唯一の解釈説句しかないフランス成語によると、「眼便便小」。は1種の動物に興じる単純目的で苦しめて別の1種の動物であるが、人は、まさにこの点で構成された人の品性にきわめて殘忍の特色、それで人の品性のこの悪質さ遠いは純粋な野獣。

この説明はそれぞれの人の心を隠している獣獣を行って、常に吠え乱の本能で、それが他の動物の拷問虐殺衝動、もし他の動物の道をさえぎって、それは衝を殺して、それもまさにこの原因を構成しました。すべての争いや戦争の中身伏魔殿。従順とこの端野獣や、一定の程度の上でそれを心にもつなげ、知識だけ、つまりこの端野獣の介護者こそ、この仕事に適任。もしうれしくて、人々はそれを人間の根本的な悪、少なくともこの名詞に役立つ一種の解釈について。しかし、私はそれを生きる意誌とは、生きる終わらない苦しみをますます感じることで、苦痛、そして、それを自分の苦痛は減速を他の人に製造苦痛。それは、この道で、徐々に自分の心の中に人を育てるには本当の殘忍と悪辣。カントの観点によって、私たちはさらに観察を通して、物事はただ拡張と収縮二種類の対抗力だけ存在するので、人類社会は助けを借りて恨みや憤懣を感じる)と恐怖の対抗的に生きることができ。私達のすべての人の生活の中にはこんな時に、つまり私たちの心の中で根を下ろしてほとんどの殘忍な本性を私たちに人殺し、ただ、私たちの心の中でと混ざってある程度の恐怖心を人の殘虐性制限を一定の範囲内でしかない。まさにこのような恐怖心のおかげで、一人で他の人をからかうの笑いぐさにくすぐら時、もし彼には至っていない怒りをこめ、怒りの程度、泣き寝入り、冷笑を静観するしかない。

私達はとっくに目撃者の堕落して、人の堕落した光景は私達の心は恐怖の影に。しかし、今はまだ、私たちと眼の存在の悲しみは、私たちがこれを行う後、私たちは同様に感じるにぞっとさせて、それからまた振り返る人の堕落。このように、私たちは発見して、人の堕落が悲しみとの間にはいつもあるバランスを保っている。私たちは天地万物の永遠の公正を悟る。したがって、我々は世界そのものに認識最終裁判、そして、私たちを意識し始め、なぜ世に生きる万事万物いつその存在であるを受けて罰、生まれてから死ぬまで、全てがそう。だからあなたが犯した罪は多大の報い。同じ観点、私たちを見て、人類の大多数は無知無能で、彼らの日常生活の中での表現はこんなに私たちむかむかすぎて、もう怒りの心が無。まさに仏教徒が思うように、この種の永遠の「輪廻」で、人の悲しみ、人の堕落して、そして人間の愚かな、それらの間に完全均衡を保って、そして、それらは同量等値の。しかし、いくつかの特殊な動機に基づいて、私たちはそれらに目を凝聚してその中の1種をていねいに考察するならば、それは他の2種類を超えたように見える。実は、このただ1種の幻覚、完全には、それぞれのピッチによる結果。

天地の間の万物を表明した、やはりこの永遠の「輪廻」。さらに、人類社会はなおさら。人間社会の中で、道徳の観点から見て、邪悪と卑劣に満ちている、理性の観点から見て、無能と愚かなが盛んに達した恐怖の程度。しかし、人間社会の中でも断続的に出て一種の「輪廻」、それはいつも1種の意外に新鮮な驚き。例えば、または表現を誠実に、あるいは表現は善良で、甚だしきに至ってはまた表現を高貴な、さらにも表現を偉大な理性と非常に天才的な思想。彼らはすぐには消えていくのではなく、のように本の曙光を、との長い夜を照らす、直接我々暗い心。我々はそれらをすべて受け入れて保証して、つまり、このような永遠の「輪廻」を含んで1種の善の救いの原則;この原則に力を慰めを、私たちの心を解放の全体の世界へ。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[09/18 wotoadgi]
[08/27 名波里南]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R